どんなダイエットサプリがある?

口コミ・ネットなどでの評判のいい商品で、入手しやすいもの6つをここでは紹介させていただきます。

『カロリミット』 
カロリーコントロールに役立つサプリメント。お付き合いで脂っこいものを食べ中ればいけないときや生理前で甘いものを取りすぎてしまいそうなときなど、カロリーが気になる食事を摂取するとき、食事の前に摂ることをおすすめします。毎食摂っても問題ありません。 糖質や脂質をため込む前のサポート成分が配合されています。他の主要な成分はギムネマ、桑の葉エキス、鳩龍緑茶エキス、キトサン、インゲン豆エキスなどです。ブラックジンジャーエキス を配合した大人のカロリミットという商品も発売されています。

『DHC フォースコリー』
除脂肪体重(LBM) に着目し、体脂肪だけを減らすことを考えたサプリメントです。食事制限だけだと、LBMが一緒に減ってしまい基礎代謝量だけが低下してしまいます。すると食べたものが身体に使われずにむしろ逆に太りやすい体になってしまいます。 それを防ぐためにシソ科のコレウスフォルスコリの根から抽出された成分であるコレウスフォルスコリエキスを配合したのがこのサプリ。ビタミンB1、B2、B6をプラスし、脂肪の燃焼をサポートします。特有成分であるフォルスコリンがつねに体の中にある状態をキープするため、1日2~4粒を目安にして数回、食事の前に分けて摂るのが推奨されています。主な成分はコレウスフォルスコリエキス(フォルスコリン含有)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などです。

『L-カルニチン』
アミノ酸の一種で脂肪の燃焼をサポートするL-カルニチンを主成分とするサプリ。運動と組み合わせることで脂肪の燃焼を助ける成分、L-カルニチンを効果的に摂取できる製品です。加齢によって減少しがちな成分であり、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病 や内臓脂肪型肥満 、疲労回復にも効果があるとされているL-カルニチンをうまく補給し、脂肪燃焼をサポートしましょう。

『ラクトフェリン』
ほ乳類の母乳などに含まれる「多機能たんぱく質」であるラクトフェリンは、熱や胃酸などに弱い性質を持つため、加熱処理がされた市販の牛乳では摂りにくい希少な成分です。 しぼりたての牛乳(生乳)にも、0.03%しか含まれません。ラクトフェリンには脂肪細胞に直接働きかけ、「脂肪の分解を促す」「脂肪の合成を抑える」2つの作用があり、そのはたらきによって内臓脂肪を減らすと言われています。そのままでは腸に届きにくい成分を胃で分解させずに腸まで届けることに成功した製品です。

『カプシエイト ナチュラ』
辛くない新種のトウガラシからつくられたサプリメント。「燃焼力」を高めて好循環化し、いきいきとした毎日をサポートする機能があります。 年齢とともに低下した「燃焼力」をもう一度高めるとことに着眼して生まれた商品です。 菜種油、唐辛子抽出物が主な内容物です。カプセル素材も植物性にこだわるなど、自然素材を重視して、身体にも優しい、そんなサプリメントです。じんわりとカラダに優しい対策を選びたい方にうってつけの商品といえます。

『スーパービール酵母Z』?  
健康維持に不可欠な必須元素「亜鉛」に加えて、ビタミンB群も配合した商品です。ビールを思わせるような銀のラベルがデザイン的にも目立っています。ビタミンA・C・D・Eなど11種のビタミン、カルシウム・鉄など4種のミネラルを配合した『スーパービール酵母V』と BCAA(分岐鎖アミノ酸)を含む6種類のアミノ酸、L-カルニチン、ビタミンB1、B2、ビタミンCなどを加えた『スーパービール酵母アミノゲット』という姉妹商品もあります。必要な栄養素を考えて選ぶこともできます。