サプリを販売しているメーカーって?

安心できる商品を選ぶには、まず誰が作っているかを知るのは基本ですね。
 サプリメントは、実はメーカーごとに大きな差があります。添加物や原材料などの品質、取扱商品、サービスなど、生産者が重視していることが製品にも反映されています。各社のサプリメントの内容をしっかり把握して、自分にあった商品を見つけましょう。
ここでは代表的なメーカーをいくつか取り上げ、その特徴を整理していきたいと思います。
 まずはファンケル。化粧品などでもお馴染ですが、安全にこだわった幅広い商品を取り扱う総合的なメーカーです。品揃えが豊富で、魅力のある商品の多いのが特徴です。コストパフォーマンスの良さからも多くの人に支持されているようです。
 また全ての商品が完全に無添加という訳ではありませんが、着色料、合成香料、防腐剤などを使用せず、添加物も極力使用しないよう配慮されているのが人気の原因かもしれません。
 それに負けない品揃えが特徴なのがDHC。サプリメントや健康食品の他にも、さまざまな化粧品を販売する大手通販会社です。
 DHCの最大の魅力は、手ごろな価格と幅広い品揃えです。コンビニでも手軽に買えるなど、手軽さからの愛用者も多いと言われています。
 しっかり吸収され、しっかり届く「体内効率設計」を追求しているので、品質に気を配っているメーカーでもあります。
 サントリーウェルネスは、天然素材を使用し、品質の高さを売りにしているサントリーグループのサプリメント・健康食品メーカー。深夜のTVショッピング等でご覧になった方も多いと思います。知名度が高く、「セサミンEX」などの人気商品を持っています。
 ホームページ上で取り扱い商品の詳細や安全性について、わかりやすく解説しているので、実際に商品を選ぶ際の参考にもなります。
 信頼性の高さは他のメーカーと比較してもトップクラスなのは間違いないでしょう。サービス、価格、利便性を考えると、購入候補に加えるべきサプリメントメーカーの一つです。
 アメリカ生まれのサプリメント「ネイチャーメイド」を扱うのが大塚製薬。ドラッグストアで見かける黄色いボトルの商品です。「コエンザイムQ10」や「ビタミンC」などの定番商品を揃えています。
 アメリカ製なので一粒が大きく飲みにくいという声も多いのですが、着色料・保存料・食塩を使用していないことや品質にうるさい米国で実績のある商品がほとんどなことから安全性は高く評価されています。
 他にもライオン、味の素、明治製菓、アサヒなど名だたる有名企業もサプリメントを発売しています。CMやネット広告でおなじみのわかさ生活、やずや、協和発行バイオなど有名な企業もメーカーとして存在しています。
 この他にもたくさんのメーカーがあるのですが、ここには書ききれないので、ネット等で一度ご自身で調べてみてください。まだ誰にも知られていない素晴らしい商品を作っているメーカーがあるかもしれません。