栄養補助サプリは中身が大事

サプリメントを摂取する目的の一つに栄養の補助があります。食事からすべての栄養を吸収するのはなかなか難しいことはもうご理解いただいているとは思います。バランスの取れた食事は大切ですが、それでも不足する成分は補給しなければなりません。
 栄養補助サプリの摂取には大きく分けると次の2つのケースがあります。いつもの食生活で不足しがちな栄養成分を補給する場合と、体調や症状に合わせて体質の改善をする目的で利用するケースです。前者では、本来、毎日の食事で摂ることが望ましい成分、ビタミン・ミネラルなどの成分で自分に不足しているものだけをサプリメントで補給することが多いかと思います。一方、体質改善目的の場合は、毎日の食生活では通常摂ることができない成分を補給することで、体調の不良や心身の症状を改善を目指します。ハーブや特定機能を持つ栄養素のサプリなどを摂取することが多いでしょうか。ともに自分の体調や体質を見極め、上手に効果的に身体に取り入れる必要があります。
 ビタミンには、発育を促進するビタミンAやコラーゲン 生成に欠かせないビタミンC、体内の脂質の酸化を防いでくれる働きがあるビタミンE、 糖質をうまくエネルギーに変えてくれるビタミンB1、 皮ふや粘膜の炎症を防ぐサポートをするビタミンB2、 たんぱく質からエネルギーを生み出してくれるビタミンB6、 葉酸と協力して 貧血を防ぐビタミンB12などがあります。「マルチサプリ」のように、健康に欠かせない複数のビタミンやミネラルをバランスよく配合したベースサプリメントなどとよばれる商品もあり、さまざまな栄養素をまとめて摂ること も可能です。
 特定の不足しがちな栄養素を取るたりたい方のためには、骨や歯の形成に必要なマグネシウム、血液や血管の健康を助けるEPA、脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素である DHA、骨粗しょう症対策によく使用される カルシウムやビタミンDなどを配合したがあります。