置き換えダイエットもおすすめ

サプリはちょっと抵抗があるなという方には置き換えダイエットはどうでしょうか。サプリほど薬のイメージがない一方で、上手に取り入れれば、サプリメント並みの効果を上げることも可能なダイエットです。
やり方は簡単。一日3食のうち、どこか1食をある食材に置き換えるというダイエット方法です。 運動よりも効率的に減量できることや、食品が多いためバリエーションが豊富などのメリットがあります。使われる食品は多種多様なので、工夫次第で飽きないダイエットも可能です。
基本的に置き換えダイエットに用いられる食品は2通りに分けることができます。 スーパーなどで簡単に手に入る食品・食材を使うものと栄養士やプロがダイエットのために作った食品を摂取するものの2種です。生の素材が手に入りやすい場合と商品と完成した製品しか選択肢がない場合があると言えるかもしれません。また大まかな形状としてはドリンクタイプ、ミール(食事)タイプ、お菓子タイプ、スーパーフードなどに区分することができます。
シェイクドリンクは置き換えダイエットでは定番のサプリです。粉末や液体ベースを水や牛乳でシェイクする手軽さが受けています。また健康意識が高い人の間で、昨今、受け入れられているのが、グリーンスムージー。葉物野菜とフルーツの粉末をシェイクするだけの手軽さに加え栄養価が高いことで最近流行です。またアスリートや運動選手では昔から飲まれていたプロテインを飲用するケースもここに含まれるでしょう。
酵素ドリンクは、人間が生きるのに必要不可欠な酵素をたっぷり含み、置き換えだけでなく断食やファスティングに効果があるとされます。紅茶きのこは海外セレブの間で人気になった、エイジングケアに有効とされていた発酵飲料などが代表です。
ミールタイプは見た目は普通の食事ですが、低カロリーな素材を使っているのがポイント。素材としてこんにゃくやおから使ったりして、カロリーを極力カット。リゾットやスープ、パスタなど、普段から食べているような食事を低カロリーで食べることができます。
お菓子タイプは、クッキーやゼリーなどの、間食したいときに摂る食品が多く作られています。小腹が空いたときなどに高カロリーなものに変えて食べるなどすると効果的です。
そして、近年注目されているのはスーパーフード。チアシードなどはいろいろなものに入っており、今ではすっかり定着した感があります。ココナッツやアサイー、キヌア などに続いて、最近話題になったのがタイガーナッツ。アーモンドの3倍以上の食物繊維と鉄分やマグネシウムなどのミネラル、オレイン酸、ビタミンEなど豊富な成分が含まれています。
以上、最近の置き換えダイエットの主流として、扱われる食品を簡単にご紹介させていただきました。それぞれに特徴があり、メリットとデメリットがあることを理解して、自分に合ったタイプの食品を選択しましょう!